アジア時間金曜日の原油価格は、OPECが月次報告にて12月の生産量は大幅に減少するとの発表を行い、1%以上の上昇となった。OPECは12月の生産量は日量75万1000バレル減の3158万バレルになるとの発表を行った。同水準は直近2年間の対前月比で最大の下落幅となる。<p ...

read more

米中貿易協議の進展が楽観視され、アジア時間金曜日の米ドル相場は、取引開始当初に小幅高で取引され、その後は小幅推移となった。主要通貨におけるドルの強さを表すドルインデックスは、日本時間14時1分時点で前日比0.02%高の95.732で取引されていた。<p ...

read more

昨日の米国市場の株高を受け、本日の日経平均は大きく上昇して推移いている。昨日の米国市場は、フィラデルフィア連銀製造業指数が好調だったことに加え、ムニューシン財務長官が対中関税引き下げの主張をしているとのニュースによって米中貿易戦争の緩和への期待が高まり、株価を押し上げた。ただし、財務長官のニュースはただちに財務省が否定し、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は賛意を示していないともされ、行き過ぎた期待先行というのが実態であろう。午後1時現在で日経平均は25日線を上抜け、20676円まで大きく上昇している。中国の景気刺激策への期待もあって上昇はしているが、本日のここからの上昇にはさらなる材料がないと厳しいだろう。ダウ平均株価は12月の下落の約2/3を戻しており、もうそろそろ反落があってもおかしくはない。25日線を上抜けたとはいえ、市場を安心感が覆っているわけではなく、下落への警戒はまだまだ緩めるべきではないだろう。<a ...

read more

スティーブン・ムニューシン米財務長官が中国に対する関税の緩和を提案したとの報道を受けて、18日午前の取引でアジア株式は上昇した。関係者によると、同氏は関税緩和を支持しているが、ロバート・ライトハイザー米通商代表は関税緩和によって米国が弱気であるように見られるのではないかと懸念を示している、とウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。<p ...

read more

金曜日の米国株市場を動かす3イベント:1. ネットフリックス - 決算の不振により株安ネットフリックス(Netflix) ...

read more

木曜日から金曜日にかけての株式市場の動向:- 日本時間金曜日午前7時40分時点での、ネットフリックス(Netflix) ...

read more

木曜日、アメリカン・エキスプレスが第4四半期の決算を発表。EPSに関してアナリストの事前予想を上回る結果。売上は事前の予想を下回る結果となっている。 同社の報告によると一株あたりの利益(EPS)が$2.32、売上は$10.47Bとなっている。Investing.comのアナリストが事前に予想していたEPSは$1.8 ...

read more

木曜日、ネットフリックスが第4四半期の決算を発表。EPSに関してアナリストの事前予想を上回る結果。売上は事前の予想を下回る結果となっている。 同社の報告によると一株あたりの利益(EPS)が$0.3、売上は$4.19Bとなっている。Investing.comのアナリストが事前に予想していたEPSは$0.25 ...

read more

木曜日、モルガン・スタンレーが第4四半期の決算を発表。EPSに関してアナリストの事前予想を下回った。売上は事前の予想を下回る結果となっている。 同社の報告によると一株あたりの利益(EPS)が$0.73、売上は$8.55Bとなっている。Investing.comのアナリストが事前に予想していたEPSは$0.9 ...

read more

米国エネルギー情報局(EIA)は、先週のアメリカの原油生産高が日量1170万バレルから日量1190万バレルへ増加したことを報告した。このことから、17日の原油価格は下落した。日本時間14時48分時点の、WTI原油先物は0.7%安の1バレルあたり51.97ドルとなった。ブレント原油先物は0.6%安の1バレルあたり60.99バレルとなった。また、EIAはガソリン在庫量が、予想されていた277万バレルを上回って750万バレル増となったことと、中間留分在庫が、予想されていた157万バレルを上回って2.97バレル増となったことを報告した。一方、EIA短期エネルギー見通しでは、2019年の米国での原油生産量は日量1200万バレルを上回り、2020年には日量1300万バレルまで到達しているとの見解を再び示した。今月初頭に公開された中国の輸出やPMIが予想を下回ったことから、世界的な景気交代への懸念が高まっている。これは、原油価格にとって逆風となるだろう。16日に公開された日本の11月コア機械受注は急落しており、米中貿易戦争の影響が世界中に広まりつつあるとの懸念を増幅させた。英国のEU離脱については16日にテリーザ・メイ英首相のブレグジット協定案を英議会が否決したことを受けて、今後の経済の見通しはさらに暗いものとなった。3月29日までに離脱協定案が可決されなければ、合意なき離脱となり、英国経済へ深刻な影響を与えるだろう。<a ...

read more