2月19日(火):本日注目の経済指標以下が、2月19日の注目の経済指標だ。<p ...

read more

18日、先週末からの米中貿易に関するポジティブな報道を受けて、金価格は上昇しドルは下落した。15日にドナルド・トランプ米大統領は、貿易協議を「とても複雑」と述べたものの、米中両国は先週の貿易協議における進展を報告した。<p ...

read more

先週の北京で行われた通商協議を経て、米中貿易摩擦の解決への期待感から、18日の原油価格は上昇した。ドナルド・トランプ米大統領は、貿易協議は「とてもうまくいっており」、米国と中国は以前にも増して「合意へと近づいている」と記者会見で述べた。トランプ大統領は、米中両国が合意に達した場合、関税を撤廃すると付け加えた。中国の新華社通信によると、習近平国家主席は「更なる一歩で重要な進展を達成した」と述べ、明るい見通しを示した。2大石油消費国である米中両国は今週もワシントンで協議を続ける見込みであるので、投資家は3月1日の交渉期限を前にあらゆるニュースを待ち構えている。米中両国で貿易問題を解決する合意を打ち出すことができれば、原油需要減退への懸念は緩和されるだろう。日本時間15時16分時点で、WTI原油先物価格は0.6%高の56.31、ブレント原油先物価格は0.4%高の66.50となっている。2018年の原油価格は下落して取引を終えたが、現在は世界的な協調減産によって、年初来で約23%高で取引されている。12月、OPECとOPECプラスは、2019年の上半期に合計して日量120万バレルの協調減産を実施することで合意に達した。OPECの事実上のリーダーであるサウジアラビアは、今回の合意で求められる量を上回って減産することを約束した。アメリカ石油協会(API)は20日、週間の米産油量を発表する見込みである。 ...

read more

18日、香港取引所に上場している中国の保険大手である平安保険(HK:2318)は、手数料の低いETFをローンチし、3%高となっている。ブルームバーグによると、平安ファンドマネジメントは中国の次世代のスタートアップ銘柄で構成されたETFを、業界平均の0.5%を下回る0.15%の管理手数料で提供する。また、信託手数料は0.05%となっており、業界平均の半分である。「テクノロジーの進歩や金融機関からの要求」によって我々はこのETFを作り上げた、と同社はEメールで答えた。また「適切で理にかなった手数料」のETFは長期的に考えて多くの投資家を惹きつけ、市場の安定化をサポートすると述べた。この動きはバンガード社の戦略を反映したもので、同社はコストカットにより10年間で米国におけるETFのシェアを3倍の26%まで引き上げた。ブルームバーグによると、同社は低コストの投信を数百万人ものアメリカ人へ提供して、5兆ドルを超える顧客資産を集めている。 ...

read more

18日の米ドルは小幅安となっており、中国人民元は対ドルで上昇した。米中貿易交渉の進展により、投資家のリスク選好が高まった。先週北京で行われた米中貿易協議での議論に区切りをつけ、今週はワシントンで協議が行われる。15日にドナルド・トランプ米大統領は、貿易協議を「とても複雑」と述べたものの、両国は貿易協議における進展を度々報告してきた。日本時間13時52分時点で、米ドル/人民元は0.2%安の6.7547となっている。一方、20日はFRBが1月のFOMC議事録を公表することが予定されている。先月のFOMCでは、金利は据え置かれ、FRBがハト派的なスタンスに傾いたことを示した。ニューヨーク連銀のジョン・ウィリアムズ総裁(NYSE:WMB)、セントルイス連銀のジェームズ・ブラード総裁、ランダル・クォールズFRB副議長、リチャード・クラリダFRB副議長は、今週末の米金融政策フォーラムで発言する予定である。.米ドルインデックスは0.1%安の96.610となっている。15日、サンフランシスコ連銀のメアリー・デーリー総裁は、2019年の利上げが延期される可能性を示唆し、米ドルは下落した。米ドルは2週連続で下落し、年初来1.7%安となっている。他方、豪ドル/米ドルは0.2%高の0.7151となっている。19日、オーストラリア準備銀行は金融政策議事録を公表する予定である。米ドル/日本円は0.1%高の110.53となっている。 ...

read more

今週ワシントンで行われる貿易協議への期待感から、18日のアジア株式市場は上昇。日本時間11時30分時点で、上海総合指数、深セン総合指数はそれぞれ1.8%高、2.5%高となっており、香港のハンセン指数は1.6%高となっている。日経平均株価は1.8%高で、指数寄与度の大きいファーストリテイリング(T:9983) ...

read more

米国は月曜が祝日のため営業日が少ない週であるのに、今週の経済カレンダーは注目すべきことが多い。特にワシントンで場所を変えて引き続き行われる米中貿易協議、連邦準備制度理事会(FRB)によるFOMC議事要旨に注目が集まる。<p ...

read more

金曜日、RBスコットランドが第4四半期の決算を発表。EPSに関してアナリストの事前予想を上回る結果。売上は事前の予想を下回る結果となっている。 同社の報告によると一株あたりの利益(EPS)が&pound;0.07、売上は&pound;3.06Bとなっている。Investing.comのアナリストが事前に予想していたEPSは&pound;0.05 ...

read more

金曜日、ブリヂストンが第4四半期の決算を発表。EPSに関してアナリストの事前予想を下回った。売上は事前の予想を下回る結果となっている。 同社の報告によると一株あたりの利益(EPS)が&yen;104.1、売上は&yen;975.92Bとなっている。Investing.comのアナリストが事前に予想していたEPSは&yen;114.5 ...

read more

アジア時間15日、米小売売上高が大幅マイナスだったことを受け原油価格は僅かに下落した後、上昇した。米商務省が14日に発表した米小売売上高は12月に1.2%下落し、これは10ヶ月間で初めてのことだった。<p ...

read more